【レビュー】鼻水吸い器比較

子供の鼻水。

風邪の時や埃が舞った時、その他諸々。

一度鼻水が流れ出すと1日、2日ではなかなか止まってくれません。

寝息がズーズーと音をたてると、寝苦しそうで、気になってしまいます。

産まれて早いうちに、鼻水吸い器の購入を我が家では検討しました。

鼻水吸い器は、大きく分けて3種類。

①口で吸い出す手動タイプ

②電動タイプ

③スポイトタイプ

このうち、私が購入した商品を、購入順に商品のレビューを交えて紹介したいと思います。

まず、最初に購入したのはこちらです。

①口で吸い出す手動タイプのものです。

使い方は至ってシンプルで、口で吸い込んだ時に、鼻水が口まで流れてくる心配もない構造になっています。

吸い込む強さの調節もさほど難しくなく、携帯性も高く、手入れも簡単です。

デメリットは、奥の方まで鼻水を取り切ってしまうのが難しいことです。

使う人間の技術によるものかもしれませんが、手前は取れても奥にまだ残っていて、奥まで吸い出そうとしているうちに子供が嫌がってしまい、という具合で。。。

少し時間がたつと、また鼻水が流れてきてしまいます。

外出先で使用するには、それなりに活躍してくれます。

次に購入したのが、↓です。

BabySmile の メルシーポット

②の電動タイプで、コンセントが必要になります。

結論から言うと、最初からこれを買っておけば良かった!と思えるほど、重宝しています。

泊りがけの旅行に行く際にも、かさばりますが荷物に含めていると安心します。

この電動タイプのメリットは、何といっても吸引力です。

鼻の奥から吸い出してくれます。

①の手動タイプと同様で、使用時には嫌がりますが、使用後はとてもすっきりした顔をしています。

↑は、ノズル部分と別売りの先が細いノズルになります。

ノズルの根元に付いたクリップ(ベビちゃんクリップと言うらしい)で、吸引力を一時的に上げることもできます。

ただし、その機能を使わなくても、奥から吸い出してくれる印象があります。

別売りの細いノズルは、同時購入必須です。

これがないと、ノズルが太すぎて赤ちゃんのお鼻に入りません。

うちの子は、1歳近くなるまで細いノズルを使用していました。

お手入れに関しては、細かい部品もあるので、最初は面倒に感じることもありましたが、慣れてしまえばどうってことなしです。

デメリットに挙げるほどでもないくらいです。

デメリットがあるとすれば、高額であること!

手動タイプの10倍くらいしいます。

鼻水を吸い出すだけのものに10,000円。

購入前は悩みましたが、同じ商品を実際に使っている友人の高評価を聞いて、購入を決意しました。

それでも、価格以上の価値ある買い物であったと思っています。

鼻水吸い器、そんなにいくつも必要ないと思いつつも、3つ目に購入したのが↓です。

BabySmile の S-303NP

こちらも電動タイプの鼻水吸い器です。

乾電池使用のハンディタイプで、電源を必要としないため、持ち運びに便利です。

駆け回るくらい元気はあるのに、鼻水だけ止まらないことがしばらく続いた時に、そこそこ吸引力が強い、ハンディタイプのものが欲しいと思いました。

メルシーポットがとても優秀だったので、同メーカーのものなら信頼できるし、価格も半額程度ならばと。

。。。

率直な感想としては、吸引力が期待していたよりかなり弱い印象でした。

鼻の手前くらいなら吸引できますが、奥の方まではさすがに届きません。

それだと、またすぐに奥から鼻水が垂れてきてしまいます。

さっと取り出して使えるのと、水道でバシャバシャ洗えるので手入れは簡単ですが、泊まり掛けの旅行に行くのであれば、メルシーポットをやはり持ち出すだろうと思います。

近くに出掛ける際などにはあっても良いかもしれません。

私が購入したのは、以上の3点になりますが、もし最初にどれか1つを選ぶとしたら、間違いなく、Babysmileのメルシーポットを真っ先に購入すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA