ままごとキッチン

【Le Toy Van レ・トイ・バン Honey Kitchen】

少しずつですが、女の子らしい趣味に、興味を傾け始めた我が娘です。

商業施設のキッズパークやおもちゃ屋さんに行くと、おままごとの前で、釘付けになっています。

ママの友達にも、同じ年齢くらいの女の子がいるおうちには、おままごとセットがあるようなので、どんなの持っているかなど話を聞いていました。

いよいよ買い時かなと思った時に、楽天日替りタイムセールをのぞいていて発見したのが⬇️でした。

Le Toy Van レ・トイ・バン Honey Kitchen

食器類やお鍋などは付属していません。

初めて見た時、レトロな見た目と可愛らしい色使いに、私が一目惚れ。

これだ❗と思いました。

その後もいろいろなままごとキッチンを探しましたが、パパとママ、2人揃って意見が一致。

このLe Toy Van レ・トイ・バンは、イギリスのおもちゃメーカーのようですが、ドールハウスなどのラインナップもあり、いつか買ってやりたいと思っています。

セール開始が平日昼間だったので、購入は注文の役目はママに託しました。

帰宅してからママに聞いた話ですが、1度は繋がらず、2回目でアクセスでき注文し、注文後に商品のページを見るとすでに売り切れになっていたとのことでした。

定価は23,000円。

それが半額ですから、商品さえ値段相応のものであれば、かなりお得な買い物です。

さて、注文は無事に済み、到着を待つこと1週間程度。

重さは12kg程度ですが、思ったより薄くコンパクトな梱包で届きました。

写真を取り忘れましたが、畳半分が二枚合わさったくらいです。

ほとんどの部材が板で、使うネジは2種類だけ。

取っ手や細かい部品を数ヶ所止める以外は、すべて同じネジです。

組立説明書は、2、3過程が1枚の図面におさまっているように感じましたが、さくさくと仕上がっていくくらい組立は簡単でした。

板の取付け位置の前後が分かりづらく、張り合わせを間違えましたが、それでも1時間もかからずに組み立てられました。

電動ドライバーは、安物でかまわないので、あった方がもちろん効率的です。

調味料や食器具を配置して、完成です。

色使いもレトロ感も想像通り。

ぬくもりが感じられる気の質感も◯です。

これがこうはまるんだという感心させられるような作りで、組立自体も楽しめました。

戸棚など細かな部分の作りもしっかりしています。

不思議なことに、散らかすだけ散らかしてばかりで、片付けることをまだ良く知らない娘が、このキッチンが設置されてからは、戸棚にものを仕舞うことを覚えたようです。

自分なりに、決まった場所に決まったものを置くようになりました。

知育玩具としても、長く使ってくれそうです。

気に入った点ばかりですが、気になる点も1つでけありました。

後ろの棚の板が、ネジ4本で止まっているだけなので、子供が力を加えるとパキッと前に折れてしまいそうなことです。

補強も考えましたが、せっかくの可愛らしい見た目を損なわずに補強する方法が考え付かず、今のところは、子供の様子を見ながら、補強の必要性とアイデアを模索しています。

このLe Toy Van Honey Kitchenですが、本当に買って良かったと思える買い物の1つです。

食器類に関しては、同じメーカーからピッタリサイズのものが別売りで販売されています。

こちらもかわいいので、後日追記したいと思います。

早く、娘が友達を連れてきて、このキッチンでおままごとをしてくれる日が来てくれること楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA